広告業界に波紋!デジタルサイネージという新メディア

デジタルサイネージという新しいメディア媒体が広告業界に波紋を広げています。
というより席巻しているといってもいいかもしれません。
デジタルサイネージはこれからの広告業界の主体となるメディアとなると考えられます。

公共交通機関はもとよりさまざまな店舗などの店頭ではデジタルサイネージが使われていくことになるでしょう。
何しろこのメディアの情報発信力には大きなものがあります。
これまでの広告とは全く次元が違う量の情報発信が出来るのです。
コンテンツが豊富でどんなコンテンツにも対応できると考えてもいいでしょう。

今のデジタルサイネージはリアルタイムで動画などの情報発信が出来るので、すぐにデータの更新が出来るという魅力があります。
そのため公共交通機関でもさまざまな店舗などの店頭でも使えるというわけです。
簡単に言えばそこで動画配信のサービスのようなことが出来るわけですから、これで表現できない広告はないと考えてもいいでしょう。

これまでの広告はさまざまな制限がありました。
設置するにもコストと時間がかかるということもあり、広告出来ることは限られた情報だけで、それを更新することもまず出来なかったといえます。
ですが、デジタルサイネージはいつでも更新することが出来るのです。
ネットに接続されることで、どこからでも情報を送ることが出来るので、これによってどんな情報も表示することが出来ます。
簡単に言えば電子看板のようなものとなるわけですが、設置にかかるコストも安く出来ますから、これからデジタルサイネージの導入をしていくところは増えていくことになるでしょう。
店舗で利用されるところも多くなると考えられます。
何しろリアルタイムで情報更新が可能ですから、利用者個々に対応してその人が必要とする情報を表示するということも可能です。
広告用のディスプレイとしてはこれ以上ないサービスを提供できると考えていいでしょう。

例えば公共交通機関で自分が行きたいところがあったとして、そこに行くための方法が個々に表示されると考えてみましょう。
これまでは自分が必要な情報を表示している看板を探す必要があったわけですが、そんなことをする必要もなく、自分の目の前にあるディスプレイに必要な情報が全て表示されるとなるわけです。
これがいかに便利なものかがわかるでしょう。
リアルタイムでの情報表示ということは分からないことがあれば質問をしてその返事を得るということも出来たりするのです。